商品製造の品質向上化!ISO9001取得で社員の意識をチェンジ

メンズ

セキュリティリスクを減らす

作業員

ネットが広く普及されたことによって、ビジネスの世界ではネットを利用した作業や事業展開を構築しています。おかげで、業務の効率性も向上につながっているのは間違いありません。効率よく業務を遂行するために、多くの社員が一斉にパソコンでネットを使用するためにたくさんのLANケーブル差込口があるルーターを利用しています。複数台のパソコンでネットを同時に利用するためには、重くならないために専用ルーターの導入が欠かせません。また、単純にルーターを準備するだけでは物足りません。ネットという便利な機能は、多くの利用者が世の中に存在しますが、その中には犯罪目的で利用する人も存在します。不正にアクセスして、内部情報を盗んでばらまくといった行為を働く可能性もありえるのです。ネットトラブルを未然に防ぐためには、ルーターのセキュリティ設定のことも考慮しておきましょう。利用するルーターのセキュリティ設定は、ちゃんと初期状態のものとなっているか、WPAの暗号設定をしているのかをチェックしましょう。また、MACアドレス制限を設定して接続可能台数を限定するのも悪くありません。これらの設定をしておけば、外部からの不正アクセスを未然に防げるのは間違いありません。また、常にルーターの設定は正常であるかどうかもチェックしておいた方がいいです。ネットセキュリティリスクを向上させるためにも、定期的にWPAの暗証番号を変更して外部からの侵入不可能な状態を構築しましょう。